ホワイトニングの仕上がりを綺麗にする方法|品川区の歯科・歯医者なら大井町フラミンゴ歯科へ

平日20時まで夜間診療

バリアフリー

専用オペルーム

抜かない治療にこだわり

初診予約・お問い合わせ

マイクロスコープ・CT精密治療対応

03-3777-4618

東京都品川区大井1丁目50-5阪急大井町ガーデン2F

ホワイトニングの仕上がりを綺麗にする方法

投稿日:2020年11月27日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。歯科衛生士の山川です。

前回はホワイトニングを行うにあたってあまりやるのをお勧めしない症例について

お話ししました。

 

今回はホワイトニングを行う際にきれいに仕上げる方法をお話しします。

ホワイトニングは主にオフィスホワイトニング(歯医者で行うホワイトニング)や

ホームホワイトニング(家で行うホワイトニング)の2種類あります。

 

オフィスホワイトニングの場合行う側の技量もありますが、

オフィスホワイトニング、ホームホワイトニングに共通していることが

あります。それはセルフケアです。

前回も脱灰についてお話ししましたが、脱灰していると

ホワイトニングの際、脱灰して白いところと健康な部分で色の差が

目立ってしまいます。なので酸性に傾きにくいお口作りが重要です。

あとは歯茎の状態です。

常に汚れが溜まっている状態だと当然歯茎もぶよぶよしていて出血もしやすいです。

歯ぐきが腫れている状態だと出血により上手く薬剤がつかなかったり、

歯茎の腫れが治まったときに、腫れていたのが原因で薬剤を塗布できなかった部分との

色の差が出てきてしまいます。

ホワイトニングをやる直前に入念に歯磨きをしても歯茎の腫れが治る訳では

ないので日頃からしっかりとお手入れしましょう。

トップへ戻る