矯正歯科(マウスピース矯正)|品川区の歯科・歯医者なら大井町フラミンゴ歯科へ

平日20時まで夜間診療

バリアフリー

専用オペルーム

抜かない治療にこだわり

初診予約・お問い合わせ

マイクロスコープ・CT精密治療対応

03-3777-4618

東京都品川区大井1丁目50-5阪急大井町ガーデン2F

矯正歯科(マウスピース矯正)

このページの目次

患者さまのご要望に沿った適切な矯正治療をご提案いたします

矯正治療

品川区の大井町フラミンゴ歯科では、口腔内の状態や患者さまの体質、ご要望を考慮した矯正治療をご提案いたします。歯並びの改善はもちろん、快適な咀嚼ができる咬み合わせにもしっかりこだわり、無理のない治療計画を立案いたします。現在、歯並びや咬み合わせでお悩みの方は、ぜひ一度当院までご相談ください。

数本の歯並びを改善する部分矯正も行なっています

部分矯正部分矯正は

  • 前歯のすき間が気になる…
  • 下の歯の凸凹だけ治したい…
  • 八重歯だけ引っ込めたい…

など、1本から数本の前歯の歯並びを改善する矯正法です。部分矯正は、動かす歯が少ないため、治療期間は短く、さらに費用も抑えることができます。

歯並びや咬み合わせなど、口腔内の状態によっては全顎的な矯正が必要な場合もありますが、部分的な見た目を改善されたい方におすすめの矯正です。

大井町フラミンゴ歯科がおすすめする審美性に配慮した矯正装置

一般的な矯正装置は歯の表面に装置を取り付けるため、どうしても見た目が気になってしまいます。実際、目立つ装置が嫌だからという理由で治療に踏み出せない方も少なくありません。大井町フラミンゴ歯科では、そのような方々にも気軽に矯正治療を行なっていただけるよう、審美性に優れたマウスピース型矯正装置を取り揃えております。

後戻りや前歯部分の矯正には「クリアコレクト」がおすすめ

クリアコレクト矯正治療後の後戻りや前歯部分の矯正治療には、マウスピース型矯正装置「クリアコレクト」を用いた矯正をおすすめしています。およそ2週間ごとにマウスピースを交換しながら、少しずつ歯を移動させていきます。

自身で脱着が可能なため、歯磨きや食事も普段通り行え、ストレスを感じることもありません。また、金属を全く使用していませんので、目立ちにくいだけでなく、金属アレルギーの方も安心して治療が行えます。現在、米国でシェアNo.2の実績ある矯正装置です。

マウスピース型矯正装置「インビザライン」

インビザラインマウスピース型矯正装置インビザラインは、透明で目立ちにくく、痛みが少ないため、ワイヤー矯正に比べ、より快適に矯正治療をすることができます。

取り外しができる透明なマウスピースを装着して、少しずつ歯を正しい位置に動かしていきます。

 

インビザラインの特徴

審美性が高い

審美性

薄くて透明なマウスピースを使用するため、装着している時もほとんど気づかれることがありません。人前に出る機会が多い方も安心して治療を行なっていただけます。

取り外しが簡単にできる

取り外し

装置は、自分で簡単に取りはずしができるため、食事や歯磨きの際に煩わしさを感じません。隅々までしっかりケアができますので、常に衛生的な状態を維持することができます。

違和感や痛みを感じにくい

違和感や痛み

装置は薄型で歯や歯茎にしっかりとフィットするため、装着時の違和感が軽減されます。また、事前のシミュレーションを基に、少しずつ歯を動かしていくため、痛みを感じにくいのも特徴です。

歯の動きを事前に確認できる

クリンチェックという専用ソフトによって、自分の歯がどのように動き、改善されていくのかを確認することができます。最終的な歯並びも確認できますので、モチベーションを高めて、治療を開始することができます。

金属アレルギーの心配がない

金属アレルギー

マウスピース型矯正装置インビザラインは、弾力のあるポリウレタン製です。金属を一切使用していませんので、金属アレルギーの方も安心して矯正治療を行えます。

通院回数が少ない

通院

治療に使用するマウスピースは、2週間を目処に患者さまご自身で交換を行うため、歯科医院へは、1.5~3ヵ月に一度の通院でOKです。多忙な方にもおすすめの矯正法です。

大井町フラミンゴ歯科では非抜歯矯正を心がけております

非抜歯矯正

矯正治療では、歯を移動するスペースを確保するために歯を抜くことも少なくありません。しかし、健康な歯を抜くことで将来的な咬み合わせの不調や咀嚼効率が低下する可能性もございます。そのため、当院では遠心移動やIPR法などを併用し、可能な限り非抜歯矯正に努めております。

遠心移動

遠心移動

遠心移動とは、歯を現在の位置から奥側に少しずつずらして必要なスペースを確保する方法です。矯正用のインプラントアンカーやマウスピース型の矯正装置を用いて、丁寧に歯を後方へ動かしていきます。

IPR法

IPR法

IPR法は、ヤスリのような器具で歯の両端にあるエナメル質を少しずつ削り、歯幅を縮小することによって、スペースを確保する方法です。エナメル質は、歯に健康被害がない0.2㎜~0.5㎜の切削で留めておりますので、ご安心ください。

マウスピース矯正Q&A

マウスピース矯正ってデメリットも多いってほんと?

マウスピースは取り外し可能なため、ブラケットを用いる矯正器具に比べて口の中を清潔に保つ事ができますが、逆に外している時間が長いと歯の動きが悪くなってしまいます。1日22時間以上装着する事が条件となります。ブラケットを用いる矯正器具は24時間装着したままなので確実に歯が動きますが口の中に汚れはつきやすい状況となります。

また、マウスピース矯正は初期の頃はデータ不足や素材の悪さにより思ったほど効果がでませんでしたが、現在のマウスピース矯正は膨大な患者データの蓄積、ノウハウを蓄積する事により革新的な矯正治療となりましたので安心して治療を受けていただく事ができます。

通常な矯正治療より治療期間が長くかかるの?

マウスピース矯正はシュミレーションで予測したステージごとに少しずつ動かしていきますが、無駄なく動かしていくため治療期間は状態によってはブラケット矯正よりも短い場合もあります。

動いた歯が戻ることはあるの?

どのような矯正治療でも、歯列を整えただけでは歯は元の位置に戻ってしまいます。治療直後は歯が動きやすいので矯正期間中と同じように日中もリテーナー(マウスピース)を装着していただきます。

ブラケット矯正とマウスピース矯正の違いは?

ブラケット矯正の場合、大きく動かす歯に大きな力がかかり歯はダメージを受けやすく、微調整のため無駄な動きを必要とします。マウスピース矯正の場合、最終目標までを各ステージに分けて必要最小限に動かしていくので無駄な動きがほとんどありません。

失敗する事はありますか?

装着時間が短い場合などは歯がうまく動かない可能性があります。

抜歯する必要はありますか?

できるだけ歯を抜かずに矯正治療を行っていきますが抜歯をする必要がある場合もあります。その場合は説明しご納得いただいてからの抜歯になります。

マウスピース装着中は発音が悪くなる可能性はありますか?

慣れないうちは少し発音がしずらい方もいらっしゃいますが、数日で慣れてきます。

歯が動く時に痛みはありますか?

ブラケット矯正に比べて強い力がかからないため痛みは少なくなっています。最初の数日は痛みや違和感がありますが、個人差があります。

マウスピース矯正は最初にすべてのマウスピースを作製しますが途中で合わなくなった場合はどうするのですか?

シュミレーション通りの力がかからない、マウスピースを規定時間装着していないなどの理由で治療計画を立て直す事はあります。 その場合マウスピースを作り直す事になりますが、5年間の保障期間があり追加作製の費用は一切かかりません。自費診療料金のみいただきます。

大井町フラミンゴ歯科では歯ぎしり治療も実施しております

歯ぎしり治療歯ぎしりは,寝ている時に上下の歯をこすり合わせる習癖です。また、寝ている時には歯ぎしりだけでなく、音を鳴らさずに咬みしめる癖のある人もいます。専門的には、これらの寝ている時の習癖を睡眠時ブラキシズムと呼んでいます。

最近は、日中の起きている時間帯にも無意識に歯を合わせて咬みしめている人がいて、覚醒時ブラキシズムと呼んでいます。

歯ぎしりの原因

歯ぎしりの原因としては、ストレス・遺伝・交感神経活動の亢進・睡眠途中の覚醒が指摘されていますが、不明な点が多く残されています。また、薬物や他の神経系の疾患(運動神経の疾患)でも起こることがあるとされています。

歯ぎしりの二次障害

歯ぎしりのセルフチェック

歯ぎしりの種類

グラインディング

グラインディング

一般に歯ぎしりといわれるもので、強い力で上下の歯をギリギリとこすり合わせる症状のことです。

クレンチング

クレンチング

音はほとんどしませんが、強い力で歯をくいしばる症状のことです。

タッピング

タッピング

カチカチとかカチンカチンと、上下の歯をぶつける症状のことです。

歯ぎしり治療について

治療法として、マウスピース(スプリント)薬物療法、ストレスマネージメント、睡眠衛生、行動療法などが挙げられるものの、歯ぎしりがなくなる程の有効な治療法はまだ確立していません。

歯ぎしり治療の流れ

歯ぎしり治療まず,薬物や他の神経系の疾患(運動神経の疾患)など他の明らかな原因がないか確認します。歯がすり減っていても、すり減りは昔の歯ぎしりの名残で現在は歯ぎしりをしていない人もいます。

そのため、現在進行形で歯ぎしりをしているかどうか、そしてそれが睡眠時なのか覚醒時なのかをできるだけ明らかにします。歯のすり減りの度合い、睡眠同伴者からの音の指摘、起床時の顎のだるさや痛みの有無、スプリントのすり減りの度合いなどから総合的に判定します。

また、歯周病や顎関節症などの障害を引き起こしていないかなど、ブラキシズムによる支障の程度を診断します。

睡眠衛生

睡眠衛生不安定な睡眠がブラキシズムを誘発する可能性があるため、睡眠に関する生活習慣や睡眠の環境などについて検討する場合があります。

スプリント治療

スプリント歯列全体を覆うプラスチック製のマウスピース(スプリント)は現在、世界的に最も標準的に使用されているブラキシズム治療法です。

スプリントを使用してもブラキシズムを抑制できない場合もありますが、歯や顎関節などの組織を保護する効果が期待されています。

ブラキシズムによる障害への対応

ブラキシズムによる障害への対応ブラキシズムが顎関節症を引き起こしていると考えられる場合には顎関節症の治療を、歯周病が生じている場合には歯周病の治療を併行して行います。

咬合調整

咬合調整咬み合わせの異常がブラキシズムの直接的な原因になっていると判断できないので、現在ではブラキシズムを改善する目的のためだけで歯を削って調整する治療は行いません。

しかし、一部の歯にだけ大きな力が加わり、歯周病などに悪影響を及ぼすと判断された場合には、過剰な力が加わらないようにかみ合わせを調整するなどの対策をとることがあります。

覚醒時ブラキシズムへの対策

覚醒時ブラキシズムへの対策日中の覚醒時ブラキシズムについては、患者さま自身で日常の生活時を注意深く観察していただき、食事や会話、唾を飲む時など以外では上下の歯が接触していない状態を習慣づけるようにしてもらいます。

品川区大井町で矯正治療や歯ぎしりの改善をご検討中の方へ

咬み合わせの改善

大井町フラミンゴ歯科では、綺麗な歯並びだけでなく・正常な咬み合わせにもこだわった矯正治療を心がけ、どなたにも気軽に矯正治療を始めていただけるよう、審美性の高い矯正装置を多数取り揃えております。また、歯ぎしりの治療なども行なっておりますので、品川区大井町で矯正治療・歯ぎしりの改善をご検討中の方はぜひ、当院までお気軽にご相談ください。

トップへ戻る