親知らずは抜いたほうがいい?抜かなくていい?|品川区の歯科・歯医者なら大井町フラミンゴ歯科へ

日曜日診療/平日20時まで夜間診療

バリアフリー

専用オペルーム

抜かない治療にこだわり

初診予約・お問い合わせ

マイクロスコープ・CT精密治療対応

03-3777-4618

東京都品川区大井1丁目50-5阪急大井町ガーデン2F

親知らずは抜いたほうがいい?抜かなくていい?

投稿日:2021年6月18日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。歯科衛生士の山川です。

今回は親知らずにいついてです。

 

よく皆さんも周りの人に

「親知らず抜いてすごく腫れた!」

「親知らず抜くときすごく痛かった!」

などと聞いたことがあると思います。

そもそも親知らずはなぜ抜かなくては、いけないのか考えたこととありますか?

 

親知らずは大体20歳前後で生えてくる8番目の歯です。

(真ん中から数えて8番目の歯。)

昔の人は固いものをよく食べていた為、顎が大きく親知らずが

生えるスペースがありました。

しかし、最近は固いものを食べる機会が減り

顎が退化し小さくなっている方が多いため、親知らずが生えるスペースが

なくなってきています。

そのため、親知らずが変なところから生えてきたり、生える際他の歯が

押されて痛かったり、歯茎と親知らずの間に汚れが溜まりやすくなり腫れたりと

痛みを伴う症状が出てしまう方が多くいらっしゃいます。

そして、生えるスペースがないため上下で正常に噛んでいる方も少なく

そのままにしておくと痛くなったり、虫歯や歯周病になったりと

デメリットしかないため、一般的に抜きましょうと言われることが多いです。

 

そして、年を取るにつれて顎の骨が固くなるため歯を抜くのは

大変になります。

なので親知らずを抜いたほうが良いのか

分からない方は痛みが出る前に早めに診てもらいましょう☺

 

トップへ戻る