生後8ヶ月頃の口腔内ケアについて|大井町フラミンゴ歯科|品川区大井町駅1分

平日20時まで夜間診療

バリアフリー

専用オペルーム

抜かない治療にこだわり

初診予約・お問い合わせ

マイクロスコープ・CT精密治療対応

03-3777-4618

東京都品川区大井1丁目50-5阪急大井町ガーデン2F

生後8ヶ月頃の口腔内ケアについて

投稿日:2020年9月11日

カテゴリ:スタッフブログ

 

こんにちは。歯科衛生士の山川です。

今回は小児の口腔内ケアについてお話しをしていこうと思います。

まず小児の場合は年齢や、子供の協力性によってもケアが異なる事を

前提にお読み頂ければ幸いです。

 

生後8ヶ月の歯が生えてくる時期のセルフケアから

お話ししていきます。

小児の場合は下から順に乳歯が萌出してくると思いますが、

子供によって生える時期が多少前後します。

 

生えたての時期は磨くのがどうしても難しいので、最初はガーゼで拭ったり

指サックの様なシリコンの歯ブラシで磨いてあげる様にしましょう。

小児は口に入ってきた物を異物と認識し舌を使って

くちの外へ出そうとします。

小さいうちから、歯磨きを行うことによってある程度

大きくなった時あまり抵抗なく

行うことができるので、毎日短い時間でも行う様にしましょう。

10ヶ月になると上の前歯が生えてきます。

上下歯が生えてきた頃に歯磨きをする際、

歯ブラシを噛んでしまって磨きずらい場合がありますが、

まだ歯が生えてきていない歯茎の部分に指を差し込み、

上下の歯が当たらない様にして歯ブラシや指サックの様な

シリコン歯ブラシを入れると、歯磨きしやすいので

是非試してみてください。

 

次回は虫歯予防に効果的な、フッ素について

お話ししていきたいと思います。

 

 

 

 

 

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る