デンタルフロスの種類|品川区の歯科・歯医者なら大井町フラミンゴ歯科へ

平日20時まで夜間診療

バリアフリー

専用オペルーム

抜かない治療にこだわり

初診予約・お問い合わせ

マイクロスコープ・CT精密治療対応

03-3777-4618

東京都品川区大井1丁目50-5阪急大井町ガーデン2F

デンタルフロスの種類

投稿日:2020年8月14日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。歯科衛生士の山川です。

 

前回はデンタルフロスについてお話し致しました。

今回はデンタルフロスの種類についてお話ししていこうと

思います。

 

歯ブラシや歯間ブラシに種類があるのは当然

ご存知だと思いますがデンタルフロスにも実は種類があります。

ご存知でしたか?

 

デンタルフロスはワックスタイプとアンワックスタイプの

2種類があります。

ワックスタイプはデンタルフロスの糸にワックスが

コーティングされていて滑りが良くなっています。

また、ワックスのフレーバーもミントやレモンなど

色々なフレーバーがあるので使う楽しみもありますよね。

ワックスタイプはデンタルフロスを使いはじめて慣れていない方や

歯並びが悪く重なっている歯がある方はワックスが

ついていることにより滑りが良くなるためやりやすいと思います。

ただデメリットはワックスがついていることより糸の繊維が

まとまりアンワックスタイプに比べ若干汚れの除去率が

劣ります。

 

一方アンワックスタイプはワックスがないため歯と歯の間に

通す際に若干の通し辛さや動かしにくさがあります。

しかししっかりと汚れを絡め取る事はできるのでデンタルフロスを

使い慣れている方におすすめです。

 

比較的最近デンタルフロスを使用し始めた方はワックスタイプ、

慣れている方はアンワックスタイプを使用するのがおすすめです。

 

ただ、汚れの除去率が高いからアンワックスタイプを選び

結局やりにくくてフロスを行う頻度が少なくなればアンワックスを

選んだ意味がなくなってしまうので、汚れの除去率は若干劣るが

ワックスタイプの方がやりやすく毎日行えるのであれば

ワックスタイプの方がいいと思います。

 

一番いい物を選ぶ事はとても大切ですが、人それぞれ

合う合わないはあると思うので機能的にいいものを選ぶのではなく

自分に合う物を選びどれだけ続けられるかが大切だと思います。

 

是非色々な物を使用して自分に合う物を見つけてみてくださいね。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る