口内炎について|品川区の歯科・歯医者なら大井町フラミンゴ歯科へ

平日20時まで夜間診療

バリアフリー

専用オペルーム

抜かない治療にこだわり

初診予約・お問い合わせ

マイクロスコープ・CT精密治療対応

03-3777-4618

東京都品川区大井1丁目50-5阪急大井町ガーデン2F

口内炎について

投稿日:2020年8月6日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。大井町フラミンゴ歯科の弘中です。

今回は口内炎についてです。

皆さんも、一度は口内炎ができたことがあるのではないでしょうか。

口内炎ができると痛くて食事がとりづらくなったり、話しづらくなってしまうことが多いので、気分まで落ち込んでしまう方もいらっしゃるかも知れません。

口内炎は、粘膜にできた小さな傷に、お口の中の菌が感染することで起こると言われています。

日常生活の中で、お口の中の粘膜は、歯ブラシ、食べ物、お箸やフォークなどの食具により、小さな傷がつきやすい状況です。ほとんどの場合は自然とその傷は治りますが、稀にその傷の治りが悪く、口内炎になってしまうことがあります。

また、いつも同じ場所に口内炎ができる場合、歯ぎしりや虫歯などによって歯が欠けたりとがっている場合や被せ物があっていない、などの原因が考えられます。その場合は、歯の治療を行うことで、口内炎が改善する可能性があります。

いずれにしても、口内炎は、口の中の菌が増えてしまうことでできてしまうため、口を清潔に保つことが大切です。

お口の中は雑菌が増えやすいので、なるべく良い環境を保つために、食後の歯磨きなどの日頃行うケアと定期的な歯科医院での専門的な汚れの除去の両方が重要です。

当院では、虫歯の治療の他、定期検診、クリーニングのご希望を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る