インターネット予約

WISDOM
TOOTH
親知らず

親知らずについて

親知らずとは専門的には第3大臼歯もしくは智歯と言われます。
親知らずは一番最後に生えてくる(18~25歳くらいに生えます)ため、生える場所が残されていません。骨の中に埋まったまま出てこなかったり(埋伏歯)、横や斜めに生えてきたり(位置異常)することが多く、完全な形で生えてくる人はまれです。
また、親知らずの萌出時に、親知らずが周囲の歯茎や隣接する第二大臼歯を押すために痛みが生じます。この場合には、親知らずが萌出するスペースがあれば断続的な痛みがしばらく続いた後、歯茎が膨らんできて親知らずが萌出してきます。しかしスペースが不足する場合では押す力が強くなり痛みが生じます。さらに、手前の歯を押すことにより歯並びを悪くする事があります。

親知らずの痛みの原因

位置異常で不完全に生えた状態のままになったりすると、歯ブラシをしても手入れがしにくく、汚れがたまりやすく、そのためにむし歯になり痛んだり腫れたりすることが多いです。

親知らずによる症状

親知らずがう蝕になるとその手前の歯もう蝕になる可能性があります。また、手前の歯の根が親知らずに押されると、押された歯の根が溶けてしまうこともあります。

具体的な親知らずの症状

時期 症状
慢性期 一般的に自覚症状は少ない
智歯周囲粘膜の軽度の発赤・腫脹・圧痛
咬合時の痛み、歯周ポケットから少量の排膿
急性期の初期 智歯部に持続的・断続的な痛み、開口障害
急性期 智歯周囲粘膜の発赤・浮腫性腫脹・自発痛・圧痛
開口障害、嚥下痛、顎下リンパ節の腫脹・圧痛
発熱、脈拍増加、呼吸数増多、全身倦怠感、不眠、食用不振

※横にスライドしてご覧頂けます。

親知らずを抜歯する際の医院の選び方

親知らずだからすべて抜くとは限りません。親知らずが正常に生えて機能している場合や、奥歯が抜けている場合(ブリッジの土台とする)は一般に抜歯しなくてもよいと思われます。また高齢者や基礎疾患のある場合は抜くかどうかは口腔外科医と充分に相談することをお勧めします。

抜歯の難易度

難易度 治療時間 治療費用
まっすぐに生えている場合 軽度 15〜30分程度 -
横向きに生えている場合 中等度〜重度 30分程度 ¥10,000〜¥20,000(1本)
埋まっている場合 重度 30〜45分程度 ¥10,000〜¥20,000(1本)

※横にスライドしてご覧頂けます。

抜歯をお勧めするケース

・歯ブラシが届きにくく、汚れがたまりやすいために腫れや痛み(智歯周囲炎)が繰り返し生じている。
・汚れをうまく除去出来なため、親知らずやその前の歯が虫歯になる可能性がある。
・前の歯を押して、歯並びが悪くなってしまう。
・食べかすや汚れが残ることで、歯周病が進行したり口臭が気になる。
・矯正治療において抜歯が望ましい。
・頬の粘膜や歯ぐきを噛んでしまう。
・妊娠前に抜歯を行い、妊娠中に術後抗菌薬(化膿止め)や鎮痛薬(痛み止め)を飲まなくてすむように予防的に行う。

抜歯をしなくてもいいケース

・親知らずが完全に顎の骨の中に埋まっており、痛みや腫れを生じたことがない。
・入れ歯やブリッジ(差し歯)の支えとして使っている。

抜歯後の注意点

止血

  • 今咬んでいるガーゼはそのままにして15分たったら捨てて下さい。
  • 普通1~2日程度、唾液に少量の血が混じります。特に多量に出血する時はガーゼやティッシュを丸めて傷口にあて、15〜30分程度強く咬んで下さい。
  • 今咬んでいるガーゼはそのままにして15分たったら捨てて下さい。

痛み

  • 麻酔の効果は1~2時間程度続きますが、麻酔がさめて痛みがある時は処方した鎮痛薬(痛み止め)を飲んで下さい。

  • 抗菌薬(化膿止め)を全て飲みきって下さい。万一、湿疹や痒みなどの副作用が出るようであれば内服を中止して下さい。

食事

  • 当日より食事は可能ですが、麻酔が効いている間は頬や唇、舌を噛まないように気を付けて下さい。また、硬いもや刺激物はさけて、反対側で食事して下さい。

歯磨き・うがい

  • 歯磨きは手術当日より行って構いませんが、傷口を擦ると痛みが出ることがありますので、強く擦らないようにして下さい。また、歯磨き粉を使用しても構いません。
  • うがいは強く行わず、口に水を含み吐き出す程度にして下さい。

その他禁止事項(手術当日)

  • 入浴や激しい運動、飲酒など血圧が上がることは控えて下さい。

親知らず抜歯の流れ

下顎水平埋伏智歯抜歯について

①局所麻酔や下顎孔伝達麻酔を行います

口腔内を消毒した後に、局所麻酔や必要に応じて下顎孔伝達麻酔を行います。
歯ぐきにメスにて切開を加えた後に、歯ぐきを骨から剥離し、歯ぐきを翻して、埋まっている親知らずとその周囲の骨を明示します。

②抜歯を行います

埋まっている親知らず、前方の歯や周りの骨に引っかかり、そのまま抜歯することは出来なので、必要な分だけ歯の周りの骨を削り、歯をバラバラにして抜歯を行います。

③抜歯した部位を洗浄します

歯の周りの不良な組織をきれい取り除いた後に骨の形を整え、抜歯した部位を洗浄します。

④止血処置や縫合をします

骨や歯ぐきから出血があった場合は、局所止血剤などを使用し止血処置を行います。切開を行った歯肉はもとの位置に戻し縫合します。抜糸の目安は1週間程度です。
抜歯後は痛みや腫れが生じることがあり、痛みは抜歯当日から3日目まで、腫れは3〜7日目がピークとなり、腫れに伴いお口が開きにくくなったり、食事がしにくくなることがあります。

上顎埋伏智歯抜歯について

①局所麻酔や下顎孔伝達麻酔を行います

口腔内を消毒した後に、局所麻酔や必要に応じて下顎孔伝達麻酔を行います。
歯ぐきにメスにて切開を加えた後に、歯ぐきを骨から剥離し、歯ぐきを翻して、埋まっている親知らずとその周囲の骨を明示します。

②抜歯を行います

歯の頭の周りの骨を除去した後に抜歯を行います。

③抜歯した部位を洗浄します

歯の周りの不良な組織をきれい取り除いた後に骨の形を整え、抜歯した部位を洗浄します。

④止血処置や縫合をします

骨や歯ぐきから出血があった場合は、局所止血剤などを使用し止血処置を行います。切開を行った歯肉はもとの位置に戻し縫合します。抜糸の目安は1週間程度です。
上顎の智歯抜歯は下顎の智歯抜歯に比較して、痛みや腫れは軽度なことが多いです。

抜歯後の腫れについて

下顎の親知らずは上顎の親知らずと比べて抜歯後には腫れることが多く、痛みも出易くなります。特に埋まっている部分が多い 場合や、何度も炎症を繰り返してきたケースでは腫れる可能性が高いといえます。また炎症が治らずに腫れが続く場合や、手術自体に よって周囲の組織が腫れることもあります。
また腫れが外に広がると頬が膨らんで見え、上方に向かうと顎の関節の周囲に近付くため口を開け難く、のどの方へ広がると飲食物を飲み込み難くなったりすることもあります。
抜歯後1~2日がピークで大体は1週間から10日後には腫れはおさまります。

親知らず抜歯でよくあるご質問

親知らずがまた生えることがあるの?

A.一度抜歯した親知らずは、再度生えてくることはありません。

抜かないで治す方法はありますか?

A.親知らずの周囲の炎症による痛みの場合、抗菌薬(化膿止め)や消炎鎮痛薬(痛み止め)の内服で一時的に症状が改善することはありますが、抜歯を行わないと根本的な原因を除去できないため、再度症状が生じてくることが多いです。

親知らずの抜歯前の注意は?

A.急性症状を生じている場合は抜歯により症状が増悪することがあるため、一度お薬で症状を落ち着かせてから抜歯することをおすすめします。また、妊娠中や授乳中の場合はお薬の影響を考慮しなければならないため、一度診察の後に抜歯時期を決めていくのが良いと考えます。

親知らずの抜歯は大体どのくらいの時間で可能ですか?

A.親知らずの生え方によって抜歯の難易度が変わりますが、一般的には30〜45分程度で抜歯できます。しかし、抜歯後に出血が多い場合などは止血に時間がかかる場合もあります。

抜けなくて途中で中止されることはあるの?

A.極めて稀ですが、麻酔が十分に効かない場合や、出血量が多く安全な抜歯が困難であったり、麻酔や抜歯操作によりショック症状を生じた場合は、安全を第一に考え抜歯を中断する場合もあります。その場合、後日抜歯したり、口腔外科へ紹介し抜歯することもあります。

親知らずが虫歯になると抜歯は難しいですか?

A.親知らずが虫歯になり歯がボロボロになると、抜歯は難しくなります。しかし、多くの場合は通常通り抜歯できることが多いです。

危険な腫れ方はありますか?

A.抜歯後3日以降を目安に、熱発や全身倦怠感、顎下部や頸部の腫脹、著しい開口障害、咽頭痛・嚥下痛、舌の挙上感による水分・食事摂取困難、呼吸苦などが生じた場合、蜂窩織炎(高度の炎症)などを生じている可能性があり、適切な消炎処置が必要となる場合があります。