インターネット予約

BRUXISM歯ぎしり

歯ぎしりとは

歯ぎしりは,寝ている時に上下の歯をこすり合わせる習癖です。
また、寝ている時には歯ぎしりだけでなく、音を鳴らさずに咬みしめる癖のある人もいます。専門的には、これらの寝ている時の習癖を睡眠時ブラキシズムと呼んでいます。
最近は、日中の起きている時間帯にも無意識に歯を合わせて咬みしめている人がいて、覚醒時ブラキシズムと呼んでいます。

歯ぎしりの原因

歯ぎしりの原因としては、ストレス・遺伝・交感神経活動の亢進・睡眠途中の覚醒が指摘されていますが、不明な点が多く残されています。
また、薬物や他の神経系の疾患(運動神経の疾患)でも起こることがあるとされています。

歯ぎしりの二次障害

歯への障害
歯のすり減り・知覚過敏・歯の被せた冠の脱離や破損・歯や歯の根の破折など
歯の周りの組織への影響
歯周病・頭痛など
顎関節への障害
咀嚼筋や顎関節への負荷による顎関節症

歯ぎしりのセルフチェック

  • 歯のすり減りの度合い
  • 睡眠同伴者からの音の指摘
  • 起床時の顎のだるさや痛みの有無
  • スプリントのすり減りの度合い
  • 歯周病の度合いや歯の揺れ具合

歯ぎしりの種類

グラインディング

一般に歯ぎしりといわれるもので、強い力で上下の歯をギリギリとこすり合わせる症状のことです。

クレンチング

音はほとんどしませんが、強い力で歯をくいしばる症状のことです。

タッピング

カチカチとかカチンカチンと、上下の歯をぶつける症状のことです。

歯ぎしり治療について

治療法として、マウスピース(スプリント)薬物療法、ストレスマネージメント、睡眠衛生、行動療法などが挙げられるものの、歯ぎしりがなくなる程の有効な治療法はまだ確立していません。

歯ぎしり治療の流れ

まず,薬物や他の神経系の疾患(運動神経の疾患)など他の明らかな原因がないか確認します。
歯がすり減っていても、すり減りは昔の歯ぎしりの名残で現在は歯ぎしりをしていない人もいます。そのため、現在進行形で歯ぎしりをしているかどうかそして、それが睡眠時なのか覚醒時なのかをできるだけ明らかにします。歯のすり減りの度合い、睡眠同伴者からの音の指摘、起床時の顎のだるさや痛みの有無、スプリントのすり減りの度合いなどから総合的に判定します。
また、歯周病や顎関節症などの障害を引き起こしていないかなど、ブラキシズムによる支障の程度を診断します。

睡眠衛生

不安定な睡眠がブラキシズムを誘発する可能性があるため、睡眠に関する生活習慣や睡眠の環境などについて検討する場合があります。

スプリント

歯列全体を覆うプラスチック製のマウスピース(スプリント)は現在、世界的に最も標準的に使用されているブラキシズム治療法です。スプリントを使用してもブラキシズムを抑制できない場合もありますが、歯や顎関節などの組織を保護する効果が期待されています。

ブラキシズムによる障害への対応

ブラキシズムが顎関節症を引き起こしていると考えられる場合には顎関節症の治療を、歯周病が生じている場合には歯周病の治療を併行して行います。

咬合調整

咬み合わせの異常がブラキシズムの直接的な原因になっていると判断できないので、現在ではブラキシズムを改善する目的のためだけで歯を削って調整する治療は行いません。しかし、一部の歯にだけ大きな力が加わり、歯周病などに悪影響を及ぼすと判断された場合には、過剰な力が加わらないようにかみ合わせを調整するなどの対策をとることがあります。

覚醒時ブラキシズムへの対策

日中の覚醒時ブラキシズムについては、患者さん自身で日常の生活時を注意深く観察していただき、食事や会話、唾を飲む時など以外では上下の歯が接触していない状態を習慣づけるようにしてもらいます。