インターネット予約

ROOTCANAL根管治療

根管治療とは

一般的に根管治療とは、傷んだ歯髄や汚染してしまったお薬を除去して、根管内を十分に清掃し、再度感染を防ぐために根管内に詰め物をします。

根管治療が必要な症状

歯の根の中の神経や血管などを合わせて歯髄と呼びます。その歯髄が通っている管を根管と言います。歯髄は歯の根の先端から歯の中に入り、歯の発育成長に関わります。歯が十分に発育成長した後は、歯髄が無くても歯の根の周囲組織の栄養供給によって生存できます。
歯の根の治療である根管治療は歯髄が炎症や感染を起こした時に必要になります。

また、歯の痛みは歯髄の炎症や感染は深い虫歯や、歯の亀裂、外傷によって生じる事が多いです。

歯の神経が残っている場合の治療方法

歯の神経が残っている時の治療方法を抜髄(歯髄を抜くという意味)と言います。
大まかな流れとしては、
①神経を取り歯髄を失活させるお薬を根管内に入れます。
②根管内の形を作り最終的なお薬を入れる準備を行います。
③経過が良ければ最終的なお薬を根管内に入れていきます。

歯の神経が残っていない場合の治療方法

歯の神経が残っていないか死んでいる場合や、一度歯の根の治療を行っている方に再度根管治療を行う場合を感染根管治療と言います。
歯の神経が残っている場合と比べて大きく違う点は感染を起こしていると言う点です。感染根管治療では根管内の細菌を殺菌すると同時に、根の周囲に広がった炎症を消炎する必要があります。
根管内の消毒は歯科医による治療で行いますが、根周囲の消炎のためにお薬を内服して頂くことがあります。

きちんと根管治療をしなかった場合

歯髄の炎症や感染をそのまま放置しておくと、歯が痛み割れてしまったり、歯の根の周囲の組織に炎症が広がったり、歯茎が腫れてしまったりします。
まれに歯の根の周囲の限局した炎症だけでなく、熱が出たり、倦怠感が生じたりするような全身的な炎症へと波及する事があります。

抜歯しなければならない場合

保存する事が困難な歯は抜歯の対象となります。
具体的には、根管内を綺麗にする治療を何回行なっても症状が改善しない場合や、歯根周囲の骨の吸収量が多い場合、根先部で歯根破折を生じている場合は抜歯が必要となることが多いです。

~患者様の疑問~

ラバーダムとはなんですか?

A.ラバーダム防湿法とは、ゴムのシートに穴お開けて金具などで歯に固定し治療する歯だけを露出させるマスクやレインコートのような器具です。

ラバーダム利用することによってどのような効果がありますか?

A.ラバーダムを行うことによって唾液や血液の、水分の侵入を防いだり、薬剤や器具の口腔内への落下を防いだり、頬粘膜や口唇、舌がが邪魔しないように排除したりする事ができます。
口腔内には多くの細菌が存在しています。根管治療などの際にこれらの細菌が侵入すると治療の予後は決して良くはありません。ラバーダムを行うことによりより細菌の少ない環境下で治療を行えるため治療結果に大きな差が生まれます。

感染症の予防など、衛生面で気をつけていることはなんですか?

A.当院での滅菌機材はSirona社DACシリーズの滅菌機材を使用しております。
シロナのDACプロフェショナルは、医科の基準に準じた高度な滅菌を行うことができます。
DACプロフェッショナルは小型高圧蒸気滅菌器のヨーロッパ基準EN13060の最高基準であるクラスB規格をクリアーする、高度なオートクレーブです。日々の臨床の中でより高度な滅菌を可能にし、患者さんへの細菌感染の危険性を大幅に低減させます。

他院で治療途中でも相談・治療は可能ですか?

A.他医院への通院中の患者様でも通院は可能です。
他医院では歯を抜かないといけないと言われた患者様でも歯を残す事ができるかも知れません。セカンドオピニオンも含めて一度当医院に御気軽に御相談ください。