インターネット予約

PEDIATRIC小児歯科

子供が虫歯になる原因

虫歯の原因菌はミュータンス連鎖球菌という菌です。虫歯になりやすい人はこのミュータンス連鎖球菌がお口の中にたくさんいます。
しかし、このミュータンス連鎖球菌は歯がないとなかなか増えません。そのため、乳歯が萌出してくると共にお口の中で増えていき、虫歯を作っていきます。

虫歯にならないために

虫歯が発症するには4つの要素が関わると言われています。

  • 歯の強さ
  • 唾液の成分
  • 生活習慣(ブラッシングの仕方や方法、時間)
  • どれぐらい糖分を摂取してどのような細菌がお口の中にいるか

例えば、余り歯を磨かなくても歯が虫歯に強く唾液の成分が人より虫歯に強い成分であれば虫歯を発症しなかったり、糖分を日頃余り摂取せず十分なブラッシングを行えていても虫歯になってしまう方もいます。
しかし、口腔内の衛生状態を少しでも良い状態で維持するには日頃のセルフケアが何よりも重要になりますし、もちろん生活習慣も重要です。
また、プロフェッショナルによる早期診断・早期治療によりたとえ虫歯になってしまったとしても手に負えない状態になる前に治療する事が可能となります。
専門家による定期的な検診が最も重要と考えられますので、一度お気軽に御相談ください。


また、虫歯はうつるという話を聞いた事がある方は少なくないでしょうが、上述したミュータンス連鎖球菌が関係しており、唾液を介してうつります。
お母さんやお父さんと同じ食具や食器などを介してうつることがあります。そのため、ご両親や家族の口腔内衛生状態の管理も重要になります。

虫歯になりやすい人・なりにくい人

虫歯になりやすい人・なりにくい人それぞれいますが、その人の体質や生活習慣によって変わってきます。
唾液の量が多い人は虫歯になりにくいと言われております。実は唾液にはたくさんの作用があり、食事の後に酸性に傾いたお口の中の環境を中和したり、汚れや食べかすを流したりしてくれます。また、生まれ持った歯が酸に強い人もいたりします。


しかしながら、虫歯菌であるミュータンス連鎖球菌の大好物は砂糖です。日頃から糖分を多く摂取する人や、歯磨きの習慣があまりない人は虫歯になりやすい生活習慣だと言えます。

子供の虫歯予防

乳歯の虫歯

乳歯は永久歯に比べて虫歯になりやすく、また、一度虫歯になると早く進行します。
それにはいくつか理由があります。乳歯はもともと永久歯よりも歯質が弱く、厚さも2分の1程度しかありません。このため、虫歯になって歯が溶け始めると、比較的早く虫歯が神経まで進んでしまいます。乳歯の奥歯は溝が細かく、汚れが溜まりやすい形をしています。

赤ちゃんの歯について

赤ちゃんの歯はおおよそ生後6カ月頃に前歯から生え始めると言われていますが、個人差が大きく生後3〜12カ月頃と考えて問題ないと言われています。

多くの場合、生後6カ月ごろからまず下の前歯(乳前歯)から生え始めます。
生後1歳半ごろになると一つ目の奥歯(第1乳臼歯)が生え始め、2歳ごろに糸切り歯(乳犬歯)が生え始めます。2歳半ごろになると2番目の奥歯(第2乳臼歯)が生えて赤ちゃんの歯並びが完成してきます。

生えてこないケース

子どもの歯が生え揃うと20本になりますが、最初から歯が作られなかったり、2本の歯がくっついて生えてきたり20本より少なくなることを「先天欠如」といいます。 だいたい50人~100人に1人の割合で起こると言われており、3歳以降になっても20本が生え揃わなければ、先天欠如の可能性があります。ただし先天欠如だからといって、永久歯も足りなくなるわけではありません。一度歯科医院にかかり専門家に診察して頂くことをおすすめします。場合によっては矯正治療などが必要なこともあります。

赤ちゃんの歯磨き

歯磨きを始める時期

乳歯の多くは1歳6カ月頃から萌出してくるとされていますが、小児の場合、個人での成長の具合いは様々です。生まれてすぐに歯が生えてくる子もいたりします。大切なのは、生えたての乳歯は未熟な事が多いため、虫歯になりやすいという事です。
もちろん乳幼児や小児が充分なブラッシングを行うのは難しいと考えられますので、ご両親による管理が重要となります。そのため、注意深く口腔内をみて、歯が生えてきたら小児用の歯ブラシや歯磨きを使用して適切なブラッシングをする必要があります。


乳幼児や小児のお口は見ての通りとても小さいです。その口腔内をブラッシングするには成人用の歯ブラシではとても大きすぎます。
そのため、歯ブラシのヘッドが小さく小児でも扱いやすいような小さな歯ブラシがオススメです。一方で、ご両親による仕上げ磨きは歯ブラシのヘッドが小さく首が長いものが推奨されています。