インターネット予約

ORTHO矯正歯科

矯正歯科とは

矯正治療を検討される方の大半は、見た目が綺麗になることを望まれています。しかし、当院では見た目の改善だけでなく、かみ合わせを重視しております。

矯正歯科のメリット

見た目の印象がよくなる
よく噛めるようになり、食事が取りやすくなる
腸への負担を減らすこともできます
肩こりや腰の痛みなどの全身症状も治ることもある

成人矯正

歯科矯正治療は子どもが受けるイメージがあるかもしれません。しかし大人になってからでも始められ、きれいな歯並びを得ることができます。成人の矯正歯科治療の治療方針は外見のバランスや骨格的なズレ、咬み合わせのズレ、凸凹の程度、歯周組織の状態などを総合的に判断して決定します。その結果、成人の矯正歯科治療では歯の本数を減らして並べることがあります。これは骨の大きさと歯の大きさの不調和があるためで、この場合は、歯の器となる骨の大きさに合わせて歯の本数を減らします。

歯周組織や歯の状態に不安のある方も、歯周組織に優しい治療方針を立てることが出来ます。まずはお気軽にご相談ください。

大人の歯並び矯正歯科治療ではほとんどの場合、ワイヤーブラケットという器具を歯に接着して歯を動かします。ワイヤーブラケットは、オーソドックスなタイプの矯正装置です。歯面にブラケットと呼ばれる装置を装着し、そこにワイヤーを通して歯を理想の位置に移動させます。

小児矯正

お子様の乳歯や生え替わったばかりの永久歯を見て、歯並びの乱れに悩まされている親御さんはたくさんいらっしゃいます。子どもの歯列矯正を始めるのに最適なタイミングは、お子様の矯正は永久歯が生え揃う前の小学校1年生くらいが治療を開始するベストタイミングだといわれています。
また、矯正治療を開始する時期はケースによって異なるため、6歳臼歯が萌出した段階で、お子様のお口に不安がある親御さんは、まずはお気軽にご相談ください。

矯正の種類

目立たない矯正

マウスピース矯正(インビザライン)は、透明で目立ちにくく、痛みが少ないため、ワイヤー矯正に比べ、より快適に矯正治療をすることができます。 治療中は、透明なマウスピースを装着し、マウスピースの形を少しずつ変えることによって、歯を正しい位置に動かしていきます。 矯正治療をして、歯並びをキレイにしたいけど、周りの人に治療を気付かれたくない人におすすめです。

部分矯正

歯の全体に装置を付けて矯正する全体矯正とは違って、歯並びや噛み合わせに問題のある部分に装置を付けて矯正する方法です。 通常の矯正とは異なり、気になる一部の歯を移動させて並べる治療方法です。
患者様のご希望によっては「上の前歯だけのすき間が気になる…」「下の歯の凸凹だけ治したい…」「八重歯だけ引っ込めたい…」などと思われる方は多いかと思います。
しかし全体に矯正の装置をつけて治すには治療期間もかかるし、治療費も高いために矯正の治療をあきらめている、そのように思われている方にお勧めするのが部分矯正治療です。

裏側矯正

裏側矯正(舌側矯正)とは、歯の表側ではなく裏側に装置を付けて矯正を行う方法です。
歯の裏側に装置をつけ、そこにワイヤーを通し、持続的な力を加えて歯を動かします。最近はこの装置も小型化が進み、矯正歯科治療中も快適に過ごすことができるようになってきています。
歯の裏側に装置をつけるため、他の人に気付かれることなく矯正治療をおこない歯並びを治すことができます。他の人に気付かれたくない方にはオススメの治療法です。

マウスピース矯正Q&A

1.マウスピース矯正ってデメリットも多いってほんと?

マウスピースは取り外し可能なため、ブラケットを用いる矯正器具に比べて口の中を清潔に保つ事ができますが、逆に外している時間が長いと歯の動きが悪くなってしまいます。
1日22時間以上装着する事が条件となります。ブラケットを用いる矯正器具は24時間装着したままなので確実に歯が動きますが口の中に汚れはつきやすい状況となります。

また、マウスピース矯正は初期の頃はデータ不足や素材の悪さにより思ったほど効果がでませんでしたが、現在のマウスピース矯正は膨大な患者データの蓄積、ノウハウを蓄積する事により革新的な矯正治療となりましたので安心して治療を受けていただく事ができます。

2.通常な矯正治療より治療期間が長くかかるの?

マウスピース矯正はシュミレーションで予測したステージごとに少しずつ動かしていきますが、無駄なく動かしていくため治療期間は状態によってはブラケット矯正よりも短い場合もあります。

3.動いた歯が戻ることはあるの?

どのような矯正治療でも、歯列を整えただけでは歯は元の位置に戻ってしまいます。治療直後は歯が動きやすいので矯正期間中と同じように日中もリテーナー(マウスピース)を装着していただきます。

4.ブラケット矯正とマウスピース矯正の違いは?

ブラケット矯正の場合、大きく動かす歯に大きな力がかかり歯はダメージを受けやすく、微調整のため無駄な動きを必要とします。
マウスピース矯正の場合、最終目標までを各ステージに分けて必要最小限に動かしていくので無駄な動きがほとんどありません。

5.失敗する事はありますか?

装着時間が短い場合などは歯がうまく動かない可能性があります。

6.抜歯する必要はありますか?

できるだけ歯を抜かずに矯正治療を行っていきますが抜歯をする必要がある場合もあります。その場合は説明しご納得いただいてからの抜歯になります。

7.マウスピース装着中は発音が悪くなる可能性はありますか?

慣れないうちは少し発音がしずらい方もいらっしゃいますが、数日で慣れてきます。

8.歯が動く時に痛みはありますか?

ブラケット矯正に比べて強い力がかからないため痛みは少なくなっています。最初の数日は痛みや違和感がありますが、個人差があります。

9.マウスピース矯正は最初にすべてのマウスピースを作製しますが途中で合わなくなった場合はどうするのですか?

シュミレーション通りの力がかからない、マウスピースを規定時間装着していないなどの理由で治療計画を立て直す事はあります。
その場合マウスピースを作り直す事になりますが5年間の保障期間があり追加作製の費用は一切かかりません。自費診療料金のみいただきます。

治療費について

①インビザライン

相談料 ¥0
精密検査・分析・診断料 ¥30,000
治療費 ¥400,000~¥1,100,000
マウスピース矯正終了後のホワイトニング フル1回無料
マウスピース矯正終了後の補綴治療 フル10%オフ

②クリアコレクト(前歯・後戻り限定)

相談料 ¥0
精密検査・分析・診断料 ¥30,000
治療費 ¥700,000

③矯正歯科その他

コルチコトミー ¥200,000
オルソパルス ¥150,000
アタッチメント装着料 ¥1,000(1歯)
調整料金 ¥5,000(各回)