インターネット予約

DENTURE入れ歯

入れ歯の魅力とは

インプラント(人工歯根)との大きな違いは外科的な侵襲が少ない点です。全身既往があり、インプラントの手術が困難な患者ではより安全に噛み合わせやや審美性などを回復する治療になります。
また、入れ歯が不適合になってきた時に修理や作り直しなどが比較的ようにできる点です。

入れ歯の種類

総入れ歯

無歯顎(歯が1本もない)の患者に使用する入れ歯です。部分入れ歯と違い歯が残っていないため、引っかかる部分がありませんので基本的に入れ歯は夜間は外します。
その際に、入れ歯洗浄剤を入れた水に浸漬し入れ歯を消毒・保管する必要があるあります。そのため、入れ歯が入り浸けておく事ができる程度の容量のあるケースがおすすめです。
当医院でも入ればケースを販売しておりますので、ご気軽にスタッフまでお声がけください。

部分入れ歯

歯の一部が残っていて、それにバネ等をかけて使用するものです。

入れ歯の材質

レジン床

安価に作成することが可能ですが、金属の入れ歯に比べて耐久性が低く、変形しやすく、汚れが付着しやすいデメリットもあります。

金属床

材質により多少の特性の変化はありますが、強度が強いため、薄くて壊れにくく温度感覚に優れています。レジン(保険治療で使用する材料)と比較し製作工程で変形が小さいため、より忠実に口腔内の状態にフィットできるため装着感が良好です。

マグネット

磁石を用いて安定感や維持力を向上させた入れ歯です。
口腔内に残っている歯に磁石を埋め込んだ被せ物を装着し、入れ歯には磁石にくっつき易い金属を埋め込むことで、磁力を利用してより安定感や維持力のある入れ歯になります。

治療費について

精密レジン義歯 ¥100,000
コバルトクロム部分床義歯 ¥200,000~¥300,000
チタン部分床義歯 ¥300,000~¥400,000
ゴールド部分床義歯 ¥400,000~¥500,000
ノンクラスプデンチャー ¥80,000(2歯欠損まで)
シリコン加工(部分床) ¥50,000
アタッチメント ¥30,000(1歯)
OPIパッシブ ¥100,000(1歯)
シリコン加工総義歯(レジン床) ¥200,000
コバルトクロム総義歯 ¥400,000
チタン総義歯  ¥450,000
ゴールド総義歯 ¥600,000
概形印象 ¥1,000(片顎)
精密印象 ¥5,000(片顎)
咬合採得 ¥3,000
試適 ¥2,000
自費診療料金 ¥3,000(各回)
義歯調整料 ¥3,000(各回)

保証期間は2年間になります。