神経のない歯はどうなるの?|大井町フラミンゴ歯科|品川区大井町駅1分

平日20時まで夜間診療

バリアフリー

専用オペルーム

抜かない治療にこだわり

初診予約・お問い合わせ

マイクロスコープ・CT精密治療対応

03-3777-4618

東京都品川区大井1丁目50-5阪急大井町ガーデン2F

神経のない歯はどうなるの?

投稿日:2020年7月13日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。大井町フラミンゴ歯科の弘中です。

皆さんは、「歯の神経をとる」という治療を聞いたことがありますか?

虫歯が大きくなってしまい、歯の中を通っている神経にまで菌の感染が進行してしまった場合、歯の神経をとる治療を行う場合があります。

歯の中にある空洞には、神経だけでなく血管も通っています。この血管は、歯に栄養を送るという重要な役割があります。

虫歯の進行によって歯の神経をとる治療をすることで、神経だけではなく血管も無くなってしまいます。つまり、歯に栄養が送られなくなってしまうのです。

栄養がなくなってしまった歯は、脆くなり、硬いものを噛んだ刺激などによって、割れやすくなってしまいます。また、神経がなくなると、被せ物との隙間から虫歯が進んだ場合や割れてしまった場合の痛みを感じづらいため、気が付いた時には歯を残すことが難しくなるほど状態が悪くなり、抜歯になってしまうことも・・・。

虫歯は痛みがなく少しずつ進行してしまうことが多く、痛みが出てしまった時には、神経をとる処置になる可能性があります。

少しでも長く自分の歯で美味しく食事をするためにも、歯の神経を取らないようにしたいですよね。

できるだけ神経を残すためにも、定期的な歯科の検診を受けて、未然に虫歯の進行を防ぐようにしましょう。

当院でも、定期検診を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

トップへ戻る