一度治療をした歯の再治療について|品川区の歯科・歯医者なら大井町フラミンゴ歯科へ

日曜日診療/平日20時まで夜間診療

バリアフリー

専用オペルーム

抜かない治療にこだわり

初診予約・お問い合わせ

マイクロスコープ・CT精密治療対応

03-3777-4618

東京都品川区大井1丁目50-5阪急大井町ガーデン2F

一度治療をした歯の再治療について

投稿日:2020年12月17日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。大井町フラミンゴ歯科の村田です。

今回は、一度治療をした歯が残念ながら再度虫歯になってしまう「二次カリエス」について書いていきます。

一度虫歯の治療をした歯が再び虫歯になることを専門的な言葉で「二次カリエス」と言います。治療を終えた後の詰め物と歯のわずかな隙間から、気付かないうちに虫歯が進行していることがあります。神経の残っている歯であっても神経を取った歯であっても、虫歯の菌は歯を溶かしてしまうのです。特に神経を取った歯に関しては、痛みを感じないため、気がついた時には虫歯がだいぶ進行している場合もあります。

部分的な詰め物以外にも、歯全体のかぶせ物でも二次カリエスになる可能性があります。

歯ぐきが退縮(痩せてしまうこと)するで、これまで歯ぐきに隠れていた歯の根っこの部分が露出してしまい、磨き残しなどから、虫歯になりやすくなってしまうのです。

歯とかぶせ物の境い目から虫歯が大きくなってしまうと、かぶせ物が外れてしまうことがありますが、その場合、外れたかぶせ物をもう一度歯に戻すことは難しく、新しくできてしまった虫歯を治療して、もう一度かぶせ物を作り直す必要があります。

虫歯の大きさによっては、神経を残せない場合や歯そのものを残すことが困難なケースもあります。

一度削って詰め物やかぶせ物をした歯は、治療が完了したと安心せずに、より丁寧な歯磨きを心がけるようにしましょう。

定期検診などで、大きな虫歯になる前に対処できる可能性もありますので、数ヶ月に一度は定期検診を受けられることをお勧めします。

当院では随時定期検診を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

トップへ戻る