歯は寂しがりや?|品川区の歯科・歯医者なら大井町フラミンゴ歯科へ

平日20時まで夜間診療

バリアフリー

専用オペルーム

抜かない治療にこだわり

初診予約・お問い合わせ

マイクロスコープ・CT精密治療対応

03-3777-4618

東京都品川区大井1丁目50-5阪急大井町ガーデン2F

歯は寂しがりや?

投稿日:2020年7月2日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは。大井町フラミンゴ歯科の弘中早苗です。

変わったタイトルに不思議に思われた方もいらっしゃるかもしれません。

今回は歯の特徴についてお伝えしていきます。

皆さんは、虫歯や歯周病の進行などによって抜歯をしたことはありますか。

例えば下の奥から2番目の奥歯を抜いた場合を考えてみます。通常、抜いた部分は血のかたまりができて歯ぐきが治っていきます。今回は、かみ合わせの反対の歯や隣の歯について考えていきます。

抜いた歯をそのまま長期間放置してしまうと、上の歯が下方向に伸びてきてしまいます。さらに一番奥の歯が手前に倒れてきてしまうことがあります。これらが起きてしまう理由として、歯の特徴として、かみ合う相手や隣り合う歯が必要であることが挙げられます。また、歯の位置は、頬、舌、唇などのお口周りの筋肉の影響を受けています。歯は一本だけで成り立っているわけではなく、周りを必要としたり、支えたり支えられたりしているのです。

歯って寂しがりやなのかもしれないですね。

歯が伸びていたり倒れてきてしまうと、ひどい場合には、抜いた部分の歯を補う治療が難しくなります。そうならないためにも、抜歯の後にはしっかりと歯を補う治療を行うようにしましょう。ちなみに、親知らずに関しては通常は歯を補う治療は必要ありません。

歯を抜いた後の治療が滞ってそのままになっている方がいらっしゃいましたら、一度ぜひ当院にご相談ください。

トップへ戻る