仮歯期間の必要性について|品川区の歯科・歯医者なら大井町フラミンゴ歯科へ

日曜日診療/平日20時まで夜間診療

バリアフリー

専用オペルーム

抜かない治療にこだわり

初診予約・お問い合わせ

マイクロスコープ・CT精密治療対応

03-3777-4618

東京都品川区大井1丁目50-5阪急大井町ガーデン2F

仮歯期間の必要性について

投稿日:2021年5月27日

カテゴリ:スタッフブログ

こんにちは!歯科衛生士の山下です!

今日は治療途中につける、仮歯の必要性についてお話しします!

仮歯の役割は見た目や食べられるようにするためなどいくつかありますが、より重要な理由があります。

1⭐︎刺激から守る

神経が残っている歯の虫歯を削って被せ物をする場合、外部からの刺激でしみる症状がでます。

それを防ぐために仮歯をつけます。

2⭐︎歯茎の形態の変化を防ぐ

被せ物をつける前は歯を削って形を整える為隣の歯との間に隙間ができます。その隙間に汚れや食べかすが入り炎症を起こしてしまうことがあります。それを防ぐために仮歯をいれます。

このように仮歯には重要な働きがあるのです。

また仮歯期間の注意事項として、

稀に仮歯になると治療が終わったと勘違いして治療途中で来なくなってしまう方がいらっしゃいますが、仮歯と最終的な被せ物とでは素材に違いがあり汚れがつきやすいことから長期間つけすぎると再度虫歯になる恐れがあります。

きちんと最終的な被せ物を入れるまで通ってくださいね⭐︎

また、仮歯をつける際に使う接着剤は外せるくらいの強度のものを使うため、お餅やキャラメルなどで外れやすいため仮歯期間には控えるようにお願いします!

また、硬いものを仮歯で噛んでしまうと割れやすい為注意してください!

 

トップへ戻る